「君の名は」あの大ヒット作がDVDで戻ってきました!もう一度見よう!

昨年大ヒットしたあの「君の名は」が早くもDVDになって発売です!>

【先着特典】「君の名は。」DVDスタンダード・エディション(特製フィルムしおり付き)

レンタルでも大人気なので、いつ借りられるかわかりませんね。

お気に入りの名作は手元に置いておきたいもの。

私も去年映画館で見ました〜。

高校生の息子は2回見ておりました。

「特別な人なのに忘れて行く」あの焦燥感がなんとも言えなくて、せつなかったです。

夢の中ではリアルなのに、目がさめると思い出せそうで思い出せない。現実の私たちの世界にもある現象です。

うーん、もう一度見て内容確かめたいですね。

私はもう年齢がいっていますので、

その私が印象に残ったのは 
大人になった2人が出会うシーンがあります。

確かすれ違う満員電車の窓越しにお互いの顔を見つけ、ハッとする。

おそらく2人ともそれまでの出来事を全て忘れている、もうなかった出来事となり、或いは本当に夢物語だったのではないか?という設定になっていると思うのですが
でも、目があっただけで2人の魂は震える訳です。

理由もわからない、でも、魂は叫んだ。

電車から飛び降りお互いを探して

あの、階段のところでお互いを見つける。
勇気を出して声を出し、そこからストーリーがまた始まる。

そのような展開だったと思います。
若い世代の人たちは、「特別な存在のお互い」にロマンを感じたかもしれない。

人生をかなり生きてきた年代の人には、理屈ではない出会いというものを、彷彿とさせました。

理屈ではなく、「知っている」という感覚。

言い方を変えれば「運命的」「運命の人」「運命の赤い糸」な表現がいいかな。

そんな人との出会いが確かにあるのです。
それは一目惚れと言われるものかもしれないし
ずっと探していたものが見つかった感覚かもしれない。

長く生きていると、必ず一度はそのようなことがあります。

旦那くんが見たいというのだけど

うちブレーレイないんです。。泣

でも見たいので、パソコンでDVDにしようと思います。

Blu-rayスタンダード・エディションは下↓をクリックしてね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする