ザイグルZAIGLE赤外線無煙卓上調理器の口コミと評判、デメリットは何?

食欲の秋がやってきますね。この前家族で焼肉を食べました。チェーン店の食べ放題なんですが若干の物足りなさを感じてしまいました。

やはり肉は厚みが欲しいし、野菜も鮮度と共にたっぷり頂きたいです。家族で満足感を得るにはやはり、おうちごはんで焼肉グリル。これしかなんですよ。

先日はBURUNOコンパクトホットプレートをご紹介しましたが、とく比較されるものとして煙が出ないグリル「ザイグル」があります。デザインがまた人気なんですね。

今回はザイグルの人気の口コミとデメリットについて書いていきたいと思います。

↓   ↓   ↓   ↓

 チェック >>>>卓上調理革命「ZAIGLE」楽天人気ショップランキング

ザイグル赤外線卓上調理器「ZAIGLE」の特徴は?

嫌な煙を抑えて調理ができることが、ザイグルの真骨頂。卓上での焼き物を避ける理由の一番は煙ですね。お肉や野菜が焼けて出る煙はもちろん部屋に充満して、部屋のクロスからカーテン、衣類にも臭いがついてしっかり換気と臭いを消さないと数日部屋に臭いがこもりがちです。

ザイグルの一番の利点は煙を抑えて調理ができること

ザイグルは上部ヒーターからの赤外線が食材の内部から分子を振動させて加熱と、プレート(伝導熱)の両方で加熱します。プレートの温度をしっかり抑えながら、煙が出るほど温度を上げないように調理をし、けれど赤外線効果によい食材を内部からじんわり素早く調理することができます。

ザイグルの形状には意味があるの?

ザイグルの形状はまたその形状がデザインとしても人気があるのですが、形のにも意味があります。

通常の鉄板は下から加熱しますが、ザイグルは屋根のような熱源部分から赤外線を放射して加熱します。またこの屋根部分が上下することで調理の調節ができるんです。一番下まで下げて焼くと食材の表面がパリパリに焼ける調理ができますよ。

あの屋根にはそんな意味があったんですね~。

お手入れも簡単です。

ザイグルのプレートはフッ素樹脂加工なので、食材が焦げてプレートにも付き難くプレート外しかんたんに洗い流せます。ペーパータオルなどを濡らして、拭き取るだけでもきれいになりますよ。

気になる口コミと評価は?

楽天市場で一番売れているショップさんT.U.Fでは、レビューは2587件(2017/9)で、総合評価も4.31ととても多くの人に好まれています。

煙がやはり少なく余分な油がたくさん油受けに落ちていてヘルシー、お肉も野菜もしっかり焼けるのに、食べ終えた後のかた付けも楽で、何よりお臭いが本当の少なく好評価が多いです。

そのあたりはとても参考になりますね。

ザイグルのポイントをまとめると

  • 上部の赤外線と両面から食材の加熱ができる
  • 熱源が上部にあるので肉の脂などが熱源に落ちて煙が出ない
  • 赤外線グリルは脂不要なので、食材の香や風味が感じられる
  • 煙・脂煙が抑えられ室内がクリーンに保てる
  • 赤外線ヒーターは余熱なしでも調理開始ができ、火加減はフードの上下だけなので手軽

のようなまとめになりますが、普通の鉄板焼きをすると、もちろん油を引いて焼きますし、煙もぐんぐん出ます。また余熱が必要なので時間がかかったりします。

これらの、卓上調理のマイナスやストレスをなくしてくれる優秀なグリルなんですね。

< 

でもデメリットもあるでしょ?

もちろん、人それぞれが感じるところのマイナス面もあるのでまとめてみます。

  • 思ったより大きい(横40cm高さ27cm~34.5cm)
  • 赤外線の色で肉が焼けたかわかりずらい
  • じっくりと焼き上げる特徴から、焼き上がりが遅め
  • 電源が入っている間はザイグル周辺が熱い
  • 野菜は水分が蒸発しやすい(慣れがいる)

などが、デメリットにあげられます。サイズ的に仕舞う場所もどこにしまうか、という点もあるでしょう。

この点は「ザイグルミニ」ならば、直径32cm 高さ27.8cm~32.1cmなので大きさです。

最後に

家族で楽しく食卓を囲むのは、とても大切なことです。いつもお母さんが出してくれるのを待つのではなく、家族で分担してできるのも鉄板焼きの醍醐味ですね。

臭いが気になって鉄板焼きが出来なかったかたもザイグルなら解決できそうですね。