アルテックスツール60 ミナペルホネンが人気。北欧家具とテキスタイルが魅力。

アルテックのスツール60のミナペルホネンの生地を使った座面がとってかわいい!

今回はアルテックスツール60のミナペルホネンのスツールをご紹介します。

アルテックスツールって?

アルテック(artek)は1935年にフィンランドに設立された北欧の家具ブランド。

アルテックの設立者たちはテクノロジーはアートを取り入れることで洗練され、アートはテクノロジーの力でより機能的で実用的なものになるという理念がありました。

一部の富裕層のたまの贅沢な家具ではなく、あらゆる人々がもっと気軽にデザインを日常の一部に取り入れる、という思いが込めれています。

参考>>>アルテック スツール人気(楽天)

アルテックスツール60とミナ ペルホネン

アルテックスツール60とミナペルホネンのコラボ企画で作られたスツールはがとても人気。

座面だけでなくミナ ペルホネンのデザイナー皆川明さんにより、張地に合わせ脚部のカラーリングが選ばれていることがまたすごい。

またこちらはリピート生産はなく、売り切れたら終了、再入荷なしなしなんですね。

後々、すごいコレクションになってしまうのではないでしょうか。

ミナペルホネンでも人気のファブリック

ミナペルホネンでもとっても人気のチョウチョとサークルドロップの生地を使ったいます。

この二つはとても人気の生地で、実は私もハギレを持っていますがとても良いです。

scope version.Rさんでは、こちらのチョウチョの柄しか残っていないですね。

人気のdoropはこちらのZUIUNさんには在庫があります。

デザイナーである皆川明さんの「たくさんの方にミナ ペルホネンの生地を手に取ってほしい」という想いからアルテックのベストセラー「スツール60」の座面に生地を張るプロジェクトが実現。

アルテックもミナペルホネンも大好きという方には、たならない一品だと思います。

わたしがミナペルホネンを知ったのは、大好きなリネンファブリックのお店でした。

ハンドメイドが得意でしたので、ミナペルホネンの生地はハートを持っていかれました。^^

アルテックスツール60ミナペルホネンは3本脚

アルテックのスツールには3本脚(60)と4本脚(E60)があります。

ミナペルホネンコラボの今回のスツールは3本脚です。

3本脚が1935年当初のオリジナルの形で4本脚は1970年代になってから。

3本脚のほうが見た目は美しい、ですが踏み台に使ったり、小さいお子さんがいる場合は若干バランスが悪いかもしれないので気をつけてくださいね。

実際の口コミは?

お値段も高いので、選ぶ人のもとにしかいっていない商品ではあるようです。

口コミを厳選してまとめましたので、参考にしてください。

  • 写真でみるよりも落ち着いた雰囲気で、思ったよりも馴染んでます。
    部屋にあるとこそばゆいような嬉しさ、ろまんちっくな椅子です。
  • アルテックのスツールの存在はよく目にして知っていたものの、ミナとのコラボとなると欲しくてたまらなくなりました。素晴らしい夢のコラボです!使わない時は重ねておけば邪魔にならないので是非もう2脚ほど欲しいです。第2弾を楽しみに待ちたいと思います。
  • ミナペルホネンの通販サイトでは売り切れになっていて諦めていたら、こちらのサイトを見つけました。購入したのはオレンジでしたが、紺の足との色合いも形もとても素敵で気に入っています。
    玄関に置いて、ブーツを履く時などに使おうと思って購入したのですが、部屋で眺めていたくて、今のところリビングに置いてうっとりしています

アルテックのスツールのファンも多いと思いますが、やはりミナペルホネン好きには傍においておきたい、欲しい一品なんだと思います。

まとめ

インテリアやおしゃれ、アートに敏感な人はもちろんのこと

テキスタイルを家具に取り入れるのは、素敵な空間を作ります。

選ぶものは「わたし」を表現し、それに満たされる楽しさがありますね。

在庫がなくなる前に~