ブルーボトルコーヒーが楽天で買える!今年のお歳暮にしました。おいしいの?店舗はどこ?

数年前、東京江東区の下町、清澄白河にできた「ブルーボトルコーヒー」。

日本上陸第一号店としてオープンしたので当時は大行列でしたね。

今も変わらず人気のブルーボトルコーヒーですが、お世話になった方にコーヒーを送りたいと

思って、楽天を調べていたら

なーんと、楽天にブルーボトルショップができました!!

と、いうことで今回は「ブルーボトルコーヒー」をご紹介します。

ブルーボトルコーヒー

チェック>>>コーヒー売れ筋ランキング(楽天)

もちろん、安くて美味しいコーヒーはたくさんあるのですが

今回は有名どころで、月並みでないコーヒーをと思い

ブルーボトルーコーヒーをお歳暮に選びましたよ。

この水色のボトルの絵がおしゃれですね。

ブルーボトルコーヒーがコーヒー通に人気の秘密

もちろんスタバのコーヒーも好きですが、ブルーボトルコーヒーはまた違う味わいです。

ブルーボトルはカリフォルニア州オークランドに本社があります。

フリーランスの音楽家で、コーヒーマニアでもあったジェームス・フリーマンが作りました。

ロースト具合が深すぎる一般的なコーヒーセレクションではなく、新鮮で本来のコーヒーの味

を求めている人々の為に自らコーヒー焙煎を始め、彼は焙煎したてのフレッシュなコーヒー

豆だけをお客様に販売し、最高品質の豆と、最も美味しく飲めるものを責任をもって調達し提供する。

こだわりのコーヒーなんですね。

ブルーボトルコーヒー店舗は7店舗

ブルーボトルコーヒーは東京に7店舗あります。

  1. 清澄白河ロースタリー&カフェ
  2. 青山カフェ
  3. 新宿カフェ
  4. 六本木カフェ
  5. 中目黒カフェ
  6. 品川カフェ
  7. 三軒茶屋カフェ

になります。そのお店ごとに若干違いがありそうです。

六本木は緑と光があるれるカフェですし、品川カフェは駅構内の風景が

みれる。中目黒はコーヒーだけではなく「コーヒーを楽しむ人」育てるワークショップスペースがあります。

座席数が多くある青山カフェや三軒茶屋は50年前の建造物をリノベーションし、出来立てのベーカリーも楽しめます。

日本1号店4だった清澄白河はブルーボトルコーヒーアメリカ本社のオークランドに似ているとか。

世界各国から届く豆を大型の焙煎機で焙煎している風景が見れる店舗です。

では実際の口コミはどう?

ブルーボトルコーヒーは一言で言えば「フレッシュ」。

口に苦味や酸味が残らない、砂糖とミルク入れて口に残るコーヒー臭さがない!いうのが私の印象ですが、実際の口コミを厳選しましたよ。

  • スッキリとコクのある味わいです。酸味は後から。
  • 少し酸味が強めで苦味が控えめな印象。
  • 飲み終わりがスッキリとさっぱりしている。
  • ミルクがとても美味しい。普通のミルクではない!ぜひミルクコーヒーをためしてほしい。
  • ブラックがおすすめ。
  • ブラックがいいと思っていたが、砂糖とミルクをいれたら素晴らしくおいしい

苦くて濃いコーヒーが好きなかたには物足りないのかもしれませんね。

私も酸味のあるコーヒーより苦味とコク系が好きなんですが、さわやかなコーヒーはそうそう

味わえませんので、こちらを選びました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コールドブリュースターターキット
価格:8640円(税込、送料別) (2017/12/5時点)

最後に

ブルーボトルコーヒーは全国展開していないので、東京の人しか知らないかもしれませんね。

コーヒー好きの方はぜひ味わってみてくださいね。

ちなみに、お歳暮で送ったのですがブルーボトルさんでは「お歳暮のし」対応はされていませんでした。ご参考までに~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする