メイソンピアソンのヘアブラシでお手入れ!40代以降の髪の悩みを解決。人気の口コミと効果は?

早ければ30代後半から、40代に入ると髪質が変わってきます。

チラホラと白髪も見えはじめて、ドライヤーをかけても以前のように寝癖やくせ毛がまとまらない。

ヘアスタイルから受ける印象って、かなり大きいです。

「髪」はあなたの見た目を決めてしまう、大切なファクターなんですね。

パーマをかけても、カラーリングをしても、髪に艶がなければ美しくない結果となり、若さとともに怖いですが、髪に艶も無くなっていくとい現実があります。

ところが。。!!この救世主がいたのです。

私の艶にないもさっと広がる髪質を落ち着かせ、若い頃のようにツヤっとしてサラリ、ストンのスタイリングを可能にしてくれます。

それが、猪毛100%ヘアブラシ界の「ロールスロイス」と言われるメイソンピアソン。

今回は「メイソンピアソン」のヘアブラシを素晴らしい口コミと一緒に紹介させていただきます。

メイソンピアソンとは?

知る人ぞ知る、ヘアブラシです。全工程が英国職人のハンドメイドで出来ています。

職人の中には14歳から84歳までの70年間を、ブラシつくりに捧げた人もいたそう。

創業150年が経った今でもまったく変わらず、北インド産の猪毛(黒毛)を100%使用

してつくられ、このこだわりと希少、世界のトップヘアスタイリストや女優たちに評価されて

いるヘアブラシなのです。

私がメイソンピアソンを知ったのは、まだママ友からでした。

どんなにシャンプーを変えても、若い頃のようなツヤとハリが取り戻せずにいて、ノンシリコ

ンシャンプーを使ったり、逆にもっと年齢が上の人用のシャンプーにしてみたり。

普段はあまり口を聞くことはなかったママ友に髪の話をした時に彼女の口から出できたのがメ

イソンピアソンのブラシ。

そしてそのママさんは、なんと独立して自分でエステ経営をしているかたでした。

エステ経営している本人がもう何年も愛用していて、彼女の髪は確かにツヤツヤでしたね。

メイソンピアソンはアブラシの特徴は?

メイソンピアソンは豚毛ではなく硬質な猪毛を使用しています。

猪毛は豚毛と比べてはるかに堅く、髪通りがとてもよく、水分と油分が含まれてます。

そのため、静電気が起こりにくく、キューティクルにも良くなじみ、汚れも落ちやすくなります。

また職人に植毛された猪毛は長めに植えてあり、髪の量が多くボリュームのある方、くせ毛の

方でもしっかりと頭皮まで届いてくれます。

独自に開発された中空構造のクッション性パッドが頭皮を傷めることなくやさしく、地肌の血

行を促し、艶やかな髪を育ててくれます。

ブラッシングとは単に「髪をすく」だけではなく、

頭皮を刺激して毛根部の栄養分を髪全体に行き渡せること。

それがブラッシングの意義と創立者メイソンピアソン氏は考えでした。

(ブラシの名前は創立者からきてます~)

昔からストレートの綺麗な髪にするには、寝る前によく髪をとかすとか、言いましたね。

また髪が薄くなるは、地肌の血行をよくすること、地肌の汚れをとることだといいます。

美容師さんと話しても、地肌のケアでその後は違うようです。

多分、毛髪も「遺伝」としてくくられて、人によっては早々に諦めてしまう人が多いとおもい

ますが、大切に考え扱うことで違いは出てくるようです。

余談ですが、地肌の毛穴汚れと血行を促すには、以前柑橘類のシャンプーが良いと言われてい

た事がありますが、それよりも炭酸水で髪を洗うと効果的です。



メイソンピアソンの口コミは?

  • ブラシを通すだけで違いがわかります。使い続けていくとさらに頭皮へのマッサージ効果もある。
  • ヘアブラシの価格としては勇気がいりましたが、主人のために
    髪の毛があるうちしか使えない!と購入。血行がよくなってふわふわです。
  • 数日後の使用感は、髪に艶が出てきてびっくりです。
  • 入浴前に梳かして使うと洗髪が楽です。
  • このブラシでヘッドスパ!という感じ。
  • 良いものを教えてもらいました。使わないと損します。
  • ロングヘアーでパーマをかけてるのでバシバシの髪質です。こちらのブラシを使うとほどよく油分で潤うのでまとまりが良くなりました。
  • 髪が太く量が多く一本一本に小さな癖がある私。 硬質猪毛のエクストラにするか迷いにミックスを購入。1回のブラシングでキラリと光る髪になりました!

と、どれも大変な高評価です。

触っただけでツヤツヤになる自分の髪を想像してしまいます。

ラインナップの中でも売れ筋ランキングはどれ?




一番の売れ筋はハンディブリッセルのダークルビーです。

日本でのメイソンピアソン人気NO.1の商品で、 モデルや美容師の「定番の一本」と選ばれて

雑誌等にも取り上げられる事も多いブラシです。

猪毛の硬さとブラシのサイズが標準的で^なので、猪毛ブラシご購入の”最初の1本”にピッタ

リなのです。

二番目のポケットブリッスル。持ち運びに便利なポケットサイズです。

次にセンシティブブリッスルが人気で、3種類ある猪毛の硬さの中で、一番柔らかい猪毛を使

用しています。傷みやすい敏感な髪質の方や、髪が細い方に向いています。

最後に

雑誌にもたくさん掲載されているメイソンピアソンです。確かにブラシと考えるとお値段は高めです。10代の頃の艶を私たちが取り戻すのに、美容院でトリートメントしても追いつきません。

ですが、このブラシなら普通にお手入れをして何年も持ちます。

そして家族全員で使えます。髪のツヤって馬鹿にできません。メイクやスキンケアをこなしても。。あれ、髪がくたびれてた!!て当然あります。

髪の解決策は、シャンプーやトリートメント、ヘアオイルでもなくブラシ!!

メイソンピアソンはこちらから>>>メイソンピアソン公式ホームページ

チェック>>>メイソンピアソンの楽天売上ランキングshopはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする