男性おすすめ。LINEで女性と仲良くなる書き方があります。

今や携帯での会話はメールではなく「LINE」が当たり前になっていますが、大切なことも電話をかけて伝えるより、Lineで文面を考えて確認しておくりませんか?

急なことはもちろん電話で伝えるべきですか、より上手く伝えたいときLineでの文面、結構悩みます。

先日、高校生の息子がLineで告白されました。

お付き合いは結局していませんが、Lineで告白(こくられる)されるのは、中学生からあるそうです。

廊下の隅や体育館前やら下駄箱なんてないいんですよ。何だか寂しいですね。ドキドキしながら告白したり、告白されたりって、その後の人生でも素敵な思い出になりますからね。

人に寄っては、直接じゃないと嫌だ、信用できない、と思う人はいると思います。

LINEで告白はありなのかな?


STUDENTS LABより

上のグラフを見てわかるように、直接会って言ってもらいたいが女性の本音ですね。

目をみないと嘘かホントかわからない、と考えるのが女性であり人です。

本気で相手に自分のが伝わっているかも?とわずかにでも思うならば、直接言わないと逆に成就しないかもしれません。

もしかしたら?と思っていたのに、lineで好きです!なんて言われたら、軽んじられた、大切にされなかった、思われてしまうでしょう。

仮にそれでも女性がOKしてくれたとしても、女性の心にはあなたへの不信感が残ります。顔では笑っていても事ある毎に女性の中には「大切に扱われなかった」と思うかもしれません。

その場合、後日面と向かってどれだけ女性のことを思っているかきちんと伝えれば問題ありませんよ。

告白の際は相手のタイプや自分との距離感を考えたほうがいいのかもしれません。

しかしデータや一般論がどうであれ、誠意があれば、気持ちが本当に真剣であれば、どのような伝え方でも正しいのです。

相手との距離を縮めるLINE


あなたが真剣に相手の女性を思うなら、LINEでもメールでも良いのです。

ただ十分に自分の気持ちが伝わるようにLINEがおくれるか、が鍵です。

嫌われる絵文字を使ったり、好きなのか嫌いなのかはっきりしなかったり

の文面では相手に伝わりませんし、友人同士のネタにされてもこまります。

女性のほうに、この文章には自分への思いが感じられる、胸がちょっとト

キメイてしまったので友人にもまだ教えたくない、思ってもらえるような

大切なLineにする必要があると思うのです。

「あなたが好きです」

と直接書く必要はないと思います。

まだ書かないで、次に送られてくるLINEの文面を、あなたからのLINEを

思わずずっと待ってしまうようにすること。

もったいつけて相手に悪い?なんて罪悪感は持たないでください。

この瞬間、相手の女性もちょっとドキドキして、ウキウキして、恋の序章

を楽しんでいるときです。

これが続くと潜在意識はあなたが好きとインプットしていきます。

つまり、LINEは文章なので、実物のあなたは実は言えないセリフも

実は自信のなさも文章がカバーしてくれます。

文章があなたと相手の距離を縮め、相手のハートを恋の擬似現象まで感じ

るところまでおとしてくれます。

これは、昔からモテる男は本能でやっていることです。

で、モテることを知らなく生きて縁のなかった人は、知る機会が全くな

かったというだけで、相手を騙す行為でもなんでもありません。

今の情報化社会で、愚直な真面目さからスキルをに身につけないのは大損なことです。

私なら、子供にも伝授します。

オンナ心をくすぐる自然なLINeのやりとり


告白でなくても、異性とのコミュニケーションする際にもLINEは広く使われます。

ちょっとした確認事項から、デートへの誘い、飲み会の誘いなどでも

LINEで連絡します。

何となく気になる女性、本命の彼女とのもっと話したい、などの

LINEでの会話の仕方、書き方、ネタなどをレクチャーしてくれる

LINEテンプレートという教材があります。

この教材は

口下手で女性と何を話して良いかわからない
見た目が悪くて女性から好かれない
女の子とどう接して良いのかわからない

というあなたに、まずはLINEという誰もが使う安心なツールで

女性とのやりとりの仕方を教えてくれます。

何度も研究してあなたに中に落とし込んでください。

徐々に自信がついてきて、現実のあなたも変わっていきます。

うーん、こんな楽しみな教材ってあまりないです!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

まとめ


ラインのデメリット、メリットとしては

  1. ラブレターを読み返すみたいな感じで、スクショ保存できるの嬉しい
  2. 相手に冷静に考えてもらって返事ができるので、その返事は本物
  3. 人に見せられるおそれもあり

などもあるとおもいますが、今後も役にたつかもしれない

ラインの会話術研してみてください。

上のバナーをクリックすると、まずは以下のメールがもらえますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする