スポンサーリンク

はじめての引越しのコツ!単身者の引越しで注意したいこと!おすすめの業者は?



春になりますと新社会人や新大学生が新しい生活をはじめる季節になりますね。

あるいは転勤で単身赴任など

ひとり暮らしをはじるのに引っ越しをする人がたくさんいます。

1人暮らしと言っても、

大きな部屋にたくさん荷物のある人もいるでしょうし、

小さなワンルームに住む人もでいるでしょう。

ここでは平均的なひとり暮らしとして

ワンルームか2Kくらいの部屋に住む

単身者の引越しのコツをちょっと書いてみたいと思います。

参考になると嬉しいです!

はじめての引越しは荷物の全体を知ろう

新しく生活する部屋に持ち込むに荷物がどれくらいあるか知っておく必要ががありますよね!

メモを用意して、自分の持ち物がどのくらいの分量なのか調べていきましょう。

自分の荷物が段ボール箱に詰めたら何個くらいになるか、

おおまかでいいので予想をつけてみてください。

キッチン2箱、洋服3箱、化粧品1箱などにように、分けてびっくあだいたいのところがわかってくると思います。

またどのくらいの大きさの家電をもっているかを書き出します。

例えば、ひとり暮らしだけれど料理好きなので冷蔵庫は大きい、

アパレルの仕事なのでアイロンやミシンがある

仕事や趣味でPC関連の機材が多いかもしれませんね。

そのほかにゴルフバックや自転車、スノボーの板など生活必需品ではなくても持っている物を書き出してください。

自分の持ち物すべてを書き出したら、それはどのくらいの大きさの車なら運べるかを考えます。

サイズもチェック

はじめての引越しで、間取りがわかっている場合

冷蔵庫や洗濯機、食器棚などサイズを測って購入するほうが絶対にいいですよ。

ただ安いからとサイズを確認せずに買ってしまうと、ひとり暮らし仕様の狭いワンルームにきっちり収まらず、家具や家電で狭くなってしまいます。

気持ちの良い新生活をスタートさせたいですよね。

通販でしたら、商品のサイズや重さ、金額も商品ページでしっかり確認できます。

イメージを膨らませるにもおすすめです。

チェック >>>新生活ひとり家電セット人気ランキング(楽天通販)

買い取ってくれる引っ越し業者

ここでメモをする時に、もう使わないものがあればよけておきます。

そしてしっかりいらないものは買取してもらいましょう!!

不用品を引き取ってくれて引っ越し代金から代引きしてくれる業者に

見積もりをして貰えば一石二鳥です。

引越し前に特に必要のないものならばいいですが、こたつや冷蔵庫など直前まで生活に必要なものはギリギリまで残しておきたいですよね。

数日でも冷暖房や冷蔵庫やガスコンロなどがなくなると不便ですし、辛いです。

一番のベストは 引越しと買取を一緒にやってくれる引越し業者がおすすめです。

トレファク引越 は、引越しと買取を同時にやってくれる業者です。
引越しはお金がかかるので、少しでもお金に変えたいですよね。

色々な引越し業者があるなかで、名前だけで選ぶののはちょっともったいない。

ぜひ自分から調べて選ぶことをおすすします!!

引越す場所の距離は?

引越し先が遠方なら1度で運びきってしまわなくてはいけません。

近場の引越しだったら何往復かすることで、乗用車でも引越しができるかもしれませんね。

この後、自分で引越しをするか、

業者に頼むを決めるときに、引越し見積もりサイトや運送業者に見積もり依頼するときも

荷物の書き出しは重宝しますよ。

何となくで考えていると、見積もりを出してしまってから「あれもあった、これもあった」ということになり、トラブルの元です。

面倒でも、しっかり書き出しましょう。

引越しのために使える時間はどれくらい?

次に引越しのために使える時間はどれくらいあるか?を考えます。

費用を安く済ませることばかり考えていると、梱包や引越作業につかう時間がとても増えます。

それでも自分の仕事に差し支えないかどうかを冷静に判断する必要があるのです。

例えば、週末が休日の会社にお勤めしていて、週末二日だけで引越しをする場合、

半日以上は梱包と搬出にとられます。

そして移動時間も考えます。

引越しは肉体労働ですから、休憩や食事時間もしっかりとる必要があります。

そして、次の住居への搬入と荷ほどきは梱包作業よりもっと時間がかかると思って良いでしょう。

引越し先ではできるだけ早くご近所へご挨拶もしなくてはいけませんし、様々な行政の手続きもあります。

引越し業者か自分でやるか

単身に引越しの場合、家族の引越しとは違い、身軽で荷物も少なめになります。

ですので手間暇をかければ引越し業者に頼まずに引越しもできますよね。

引越し業者か自分でやるか、悩みどころです。

コスト面だけを考えて、自分ですべてやろうとすると、思いのほか時間がかかり、

生活や仕事に支障をきたすこともあるかも知れません。

自分ですべてやる場合

時間に余裕がある人の場合は、できる限りコストをかけない引越しがしたいですよね。

段ボール箱は、ドラッグストアなどでもらえることもありますから、尋ねてみましょう。

ダンボールは食品スーパーマーケットからもらうのは避けましょう。

ダンボールに虫の卵などが付いていたら不衛生ですし、転居先に持ち込むことになりますので

きをつけたいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 ダンボール 段ボール 140サイズ 取っ手穴付 (53×38×33c…
価格:2980円(税込、送料無料) (2020/1/27時点)

楽天で購入

紙おむつやおしりふきが入っていた段ボール箱などは、比較的きれいでし厚みがありしっかりとしています。

引越しにはぴったりですよ。

チェック >>>ダンボールに引越しセット

車も、自分や、親、親戚など、遠慮なく借りられる人に借りましょう。

車の手配をレンタカーにする場合ですが、赤帽に頼んでしまった方が安い場合や、各引越し業者の「単身パック」などに依頼した方が安いということもあるので、きちんと比較検討してください。

単身者の引越しは、引越しをする本人に時間的余裕があるかどうかが判断基準になりそうです。

引越し業者に依頼するか自分ですべて引越しをしてしまうか。

引越し業者に一括見積もりをかけて、割安、お得などを調べます。

下におすすめの業者を紹介して起きますので、参考にしてくだだいね。

おすすめ引越し業者



 おすすめの引越し1。トレファク引越は、引越・買取・処分を一括で利用できるサービスです。 引越と買取の見積は同時にできるので、快適です。買い取った分だけ引越し代金もやすくなるので安くなって引越しができます。
[トレファク引越]引越・買取・処分を一括見積
*************************



おすすめの引越し2.無料見積比較申込で引越代金が最大55%OFFになりますよ。更に最大6万円のお祝い金が全員にチャンス!今すぐ登録!!
引越し達人セレクト
*****************************



おすすめの引越し3.引越し見積りサイトでは見積もり依頼する会社を選ぶことができません。 しかしLIFULL引越しでは見積もりを取りたい会社が選べます。アート・サカイ・アリさんなど引越し見積もりサイト

最後に

いかがでしたか?

引越しの繁忙期はまもなくやってきます。

いざとい時にもう空きがないということにならないように

早めに準備しましょうね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする