50代開運

川崎大師のおみくじ!大吉から凶までの順番と確率は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

川崎大師のおみくじの大吉から凶までの順番と確率が気になります。

川崎大師は、神奈川県にある厄除けで知られる人気のスポットで、初詣では毎年300万人の参拝客が訪れます。

広々とした敷地のおかげで人混みもそこまで気にならず、屋台グルメも楽しめるのが特徴です。

川崎大師のおみくじは「凶」が多く出る、という話もあります。ちょっと気になりますよね。

おみくじには大吉も凶もあるのはわかっているし、当たるとも限らないのに

やっぱりおみくじは大吉を引きたいものです。

おみくじで凶が多いというのは、気になる内容ですので

今回は、川崎大師のおみくじの順番と凶が出る確率についてまとめたいと思います。

川崎大師のおみくじの順番

おみくじには大吉から大凶までの順番があります。

ちなみに川崎大師のおみくじは100円で引くことができます。

200円のおみくじが多いですから、2回引いちゃいそうです。

その順番は以下の通りです。

大吉 > 中吉 > 小吉 > 吉 > 半吉 > 末吉 > 末小吉 > 凶 > 小凶 > 半凶 > 末凶 > 大凶

この順番は単なる分類ですから、大吉が必ずしも最高、大凶が最悪というわけではありません。

おみくじは吉凶だけでなく、記載されている言葉にも意味があるため、内容をよく読んで心に刻むことが大切です。

さらに、川崎大師では凶のおみくじが出やすいという噂もあります。果たして、その確率はどの程度なのでしょうか。

新年を迎えるにあたり、多くの人が大吉を願いつつも、凶が出る確率は気になりますね。

川崎大師のおみくじの凶の確率と対応

川崎大師のおみくじにおける凶の出現確率についてご紹介します。

おみくじは99種類あり、

大吉が17%、

凶が29%

という割合で存在しているそうです。

これは、大吉よりも凶の方が多いことを意味しており、

初詣で参拝される300万人全員がおみくじを引けば、約87万人が凶を引く計算になります。

この確率も川崎大師が江戸時代からの三大師御籤帳に基づき、伝統的な内訳を守っているためです。

この古いガイドラインでは、

大吉16%、

吉35%、

凶29%

と規定されており、残りの20%は各寺社で自由に決められています。

凶みくじを引いたらどうする?対処法は?

おみくじで凶を引いた場合の対処法も様々です。

凶のおみくじは、「神様と縁を結ぶ」意味で木に結ぶのが一つの方法です。

左手のみで結ぶと、「困難を達成する」という意味があります。

また、昔の人は凶を「強運」と解釈していました。

おみくじの内容が納得いかない場合は、再度おみくじを引くことも可能です。

その際は、もう一度参拝してから新しいおみくじを引きましょう。

大吉を引く喜びもあれば、凶を引くことにも意味があるのですね。

川崎大師のおみくじの口コミ大吉から凶まで

川崎大師のおみくじに関する体験談を集めてみました。

「凶」の方もいれば「大吉」に方もいますね。

おみくじを1年間保管し、次の初詣で前年の運勢を振り返る方もいるでしょう。

昨年のおみくじは、古札入れやお守り授与所で適切に処理することが大切です。

川崎大師のおみくじは、凶が出ることで有名です。

そのため、多くの方が凶みくじの結果を共有していますが、

必ずしも良い気分になるものではないかもしれません。

まとめ

こうして、「川崎大師のおみくじの順番と、大吉から凶までの確率」についてご紹介しました。

川崎大師のおみくじには、大吉から凶まで確率があります。

れぞれの体験が貴重な情報となりますね!

参考になるとうれしいです。

 

 

 

楽天ポイント貯めるには楽天カード

 

楽天カードがないと楽天ポイントは思うようにたまらない

実は日本で一番使われているカードになりました。

申し込みはこちら

↓   ↓   ↓   ↓


楽天

 

 

こちらの記事もおすすめ!
error: Content is protected !!