キッチン家電

バルミューダトースターは口コミ評判!人気だけどデメリットは?

バルミューダトースターはなぜ人気なのか、口コミ評判人気の理由を徹底検証しました。

洗練されたデザインと機能性の高さ人気のバルミューダトースター」。

価格は他のトースターと比較するとやや高めですが、実際の評判はどうなのか?

気になる口コミから人気の理由がわかります。

バルミューダトースターパンの水分閉じ込めるスチーム機能と

1秒単位の細やかな温度制御により、

どなたでも本格的なサクフワ食感のパンを焼き上げることが可能です

日々の朝食をより特別なものにしてくれる、究極のオーブントースターです

この記事で分かること

ミューダトースターの口コミ評判

バルミューダトースターメリットとデメリット

参考になると嬉しいです

ミューダトースターの良い口コミ

それでは、気になる口コミや評判をチェックしましょう!

短時間でサクッとフワフワ食感に!

・今まで使っていたトースターより短時間で焼けます。中はふわふわ、耳は硬すぎずサクサクです。買うのを迷っていましたが、非常に満足です。

買って2萎びていクロワッサンが、焼き始めから1分くらいでいい香りが立ってきてまるで店頭に並んでいたかのようなサクサク食感に焼き上がりました

前日に購入し硬くなったパンでも温めるだけでフワっとしますいつも食べているパンが別物になりました。

バルミューダのトースターは、独自のスチームテクノロジーと細やかな温度制御によ、外はカリカリ、中はフワフワ食感を科学の目線で追求しています

一般的なトースターと使うときは、パンを焦がさないようにじっくり焼こうとしますが、それですと時間がかかってしまいますよね。

バルミューダのトースターは2〜4分でサクフワ食感に焼き上げてくれるので忙しい朝にもぴったりです!

また、買ってから時間が経ち硬くなってしまったパン再び温めることで焼きたてに近い食感を楽しめると満足されている方も多くいらっしゃいました!

焼き加減のモードが選べて便利!

チーズトーストモードで焼いたら、チーズはとろ~と良い感じに溶けてパンも焦げることなく良い焼き上がりでした。

安いデニッシュ系の菓子パンでもクロワッサンモードで焼くと焼きたてように美味しくいただけました

フランスパンモードで焼く外の皮の部分がパリッとした状態にもかかわらず、中ふわふわでやみつきになります!

バルミューダのトースターには、パンの種類に合わせて焼くことができる4つのモードが備わっています。

・こんがりと焼き目を付けるトーストモード

具材を乗せたパンを焼くのに最適なチーズトーストモード

表面に焦げ目をつけずに、中までしっかり温めるフランスパンモード

中はしっかり温め、外はカリッと仕上げるクロワッサンモード

以上の4つから選択が可能です。

特に、クロワッサンやロールパンのよう表面の皮が薄いパンはその部分をがしてしまうことが多いので、焼き加減に特化したモードがあるのはありがたいですね。

トーストだけでなく、様々な種類のパンを楽しめるのは非常に魅力的です。

 

クラシックモードでパン以外の料理も美味しく焼ける!

食パンはムラなくしっかり焼け、グラタンも短時間で良い色に焼くことができて満足です。

クラシックモードでフライの温めを試してみましたが衣がサクサクに仕上がって美味しかったです

クラシックモードでおもちを焼いたら、焦げ付かずにふっくらと焼けて美味しかったです。

バルミューダのトースターには、スチームを使わずに焼き上げる「クラシックモード」が搭載されています。

クラシックモードでは、グラタンやお餅など、パン以外の料理を焼くことができるほか、

揚げ物の温め直しにまで活躍してくれるのはとても助かります

バルミューダの公式サイトには、トースターを使ったアレンジレシピも紹介されていますので、

そちらを参考に様々な料理にチャレンジしてみるのもオススメです

デザインがおしゃれ!

シンプルながら高級感があるデザインがお気に入りです。表面はざらっとした塗装なので汚れにくいのも◎

サイズは思ったよりも小さめで場所を取らないのがいです。デザインがシンプルなので他の電化製品とバランス良く置くことができます

・見た目可愛いのでキッチンに行くたびテンションが上がります!

キッチン家電は毎日目にする物ですので、やはり見た目にもこだわりたいですよね

洗練されたデザインが人気のバルミューダ製品ですが、

やはりその見た目のおしゃれさに満足されている方が多くいらっしゃいました!

汚れが目立ちにくい塗装とテクスチャーなのも嬉しいポイントですね。

ミューダトースター悪い口コミ

念のため悪い口コミも調べてみましたが、以下の少し残念な意見も見つかりました

タイマー部分や焼き時間などの説明が書かれた文字が小さくて見にくい

使用感には満足しているのが、文字が小さくて年配者には見づらいという口コミが見つかりました。

バルミューダのトースターはデザイン性が高く、装飾は控えめですが、それがデメリットに繋がることもあるようです。

老眼の方にはブラックより、ホワイトの方がはっきり見えてオススメといった口コミもありましたので、

文字の大きさが不安という方はホワイトの購入を検討してみてもいいですね。

焼く前に水を加えるのが少し面倒

バルミューダのトースターはスチーム機能を使って焼き上げるため、使用前の給水が必要ですが、その工程面倒に感じる方もいらっしゃいました。

付属の5ccカップが非常に小さい作りとなっているため、こぼさずに入れることが少し大変なようです。

しかし、この一手間がパンを美味しく焼き上げる秘訣でもありますので、使いながら慣れていくのが良さそうです!

食パンは一度に2までしか焼けないので家族が多いと時間がかかる

バルミューダのトースターはコンパクトな大きさで、一度に焼けるトーストの数は基本的に2枚までと少なめです。

忙しい朝に何度もトースターを設定し、家族全員分のパンを焼かなければならないのは少し手間に感じるかもしれません。

そのような点を考慮すると、バルミューダのトースターはファミリー層1〜2人暮らしの方向けの製品であると言えそうです

ミューダトースター特徴仕様

ここからは、バルミューダトースターの詳しい特徴や仕様について紹介していきます!

4つの専用モード

私たちが日々の生活の中で手に入れることが出来るパンは、

種類が豊富で、硬さやトッピングなども様々です。

自宅でもお店クオリティの美味しいトーストが食べたいのに上手く再現できない

そんなお悩みを解消してくれるのが、バルミューダトースターの4つの専用モードです。

パンの種類によって異なる食感香りのバランスを考慮し、モードごとに上面と下面のヒーターの強さ設定されています。

外はカリッ、中はもっちり。どなたでも理想の食感をお楽しみいただけます。

トーストモード

こんがりと焼き目を付けてくれます。

トースト以外にもベーグルやイングリッシュマフィンをカリッと焼き上がるのでおすすめです!

チーズトーストモード

上面の熱が強めなので、チーズトーストやピザトーストをはじめ、

野菜や果物などの具材を乗せ火を通すメニューにも最適です

フランスパンモード

表面に焦げ目をつけずに、中までしっかり温めます。

買ってきたフランスパンロールパン、コッペパンマフィン、あんぱんなどを温めたい時におすすめです。

クロワッサンモード

中はしっかり温め、外はカリッと仕上げてくれます。

クロワッサンの他にもメロンパンやスコーン、カレーパンなど、

カリッとした食感を楽しみたいパンの温めに最適です。

バルミューダ独自のスチームテクノロジー&正確な温度制御

バルミューダのトースターは焼く前にたった5ccの水を注ぐだけ!

こうすることで、パンを焼き始める前のトースター内にスチームを発生させ、

水の膜がパンの表面を覆い、うまみを閉じ込めます。

さらにバルミューダのトースターは、1秒おきに温度変化をセンサーで検知し、

3つの温度帯を細かく制御しています。

  1. パンの中のやわらかさと風味がよみがえる60前後の温度
  2. 表面がきつね色に色づき始め160前後の温度
  3. が付き220前後の温度

これら3つの温度帯を制御することにより、絶妙な焼き上がりと香りに仕上げます。

本体の天面には、各モードの焼き時間の目安が書かれているので、

焼き加減を間違えて焦がしてしまうなんて心配もありません!

30秒ごとに時間指定が可能なので、お好みの時間で調節することもできますよ

様々な料理に使える「クラシックモード」

バルミューダのトースターには、パンの種類に合わせて使える4つのモードの他に

スチームを使わず一定の温度で焼き上げるクラシックモードが搭載されています。

170200230と、3つの温度設定が可能で、グラタンやクッキー、冷凍食品や餅など、

さまざまなトースター料理を楽しむことが出来ます

洗練されたデザイン

バルミューダのトースターはブラック・ホワイト・ベージュのベーシックな3色展開。

表面はアイアン調の趣あるテクスチャーで、シンプルながらも高級感のあるデザインです

さらに正面の目立つ部分は、最低限の装飾で済ませており、

焼き時間の目安や注意書きなどの説明事項は、正面からは見えることのない天面に記載されています。

使い勝手も維持しながらも高いデザイン性を実現した、バルミューダならではのこだわりが見えますね

ミューダトースターメリットとデメリット

これまでご紹介してきた口コミや特徴をもとに、バルミューダトースターのメリットとデメリットを整理します!

メリット

・どんなパンも短時間でサクフワ食感に焼き上げ可能

・パンの種類によって4つの焼き加減のモードが選べる

・パン以外の料理も美味しく焼ける

・デザインがおしゃれ

操作がシンプルで使いやすい

・お手入れが手軽

デメリット

タイマー部分や焼き時間などの説明が書かれた文字が小さくて見にくい

・焼く前に水を加えるのが少し面倒

食パンは一度に2までしか焼けないので家族が多いと時間がかかる

といったことが挙げられます。

主なメリットとしては、美味しいパンをいつでも手軽に食べることが出来るという点ですが、反対に少し手間がかかるなどトースター本体そのものの使い勝手に不便さを感じることるようです。

しかし、その一手間はパンを美味しく焼くために必要な工程であるため、苦ではなくなったという口コミも多く見られました。

メリットとデメリットを天秤にかけたとき、どちらが自分の生活に合っているかを考慮した上で購入を検討するのが良さそうですね

バルミューダトースター口コミ評判まとめ

今回は、バルミューダトースターなぜ人気なのか、口コミ評判から理由を検証しました。

バルミューダトースターの良い口コミには、

どんなパンも短時間で本格的な食感の焼き上がりが楽しめる

パンの種類によって焼き加減のモードが選べて便利

クラシックモード」でパン以外の料理も美味しく焼ける

・デザインがおしゃれ

という人気の理由が多く挙げられていました

反対に悪い口コミとしては、

トースター本体に書かれている文字が小さくて見にくい

・焼く前に水を加えるのが少し面倒

食パンは一度に2までしか焼けないので家族が多いと時間がかかる

という声ありました。

使い方は、一般的なトースターと同じようにパンをセットしたらダイヤルを回してモードと時間を設定するだけなので至ってシンプルです◎

掃除の仕方としては、使用のたびに必要なお手入れはパンくずトレイに溜まったパンくずを捨てるだけ

それ以外の場所は、汚れが目立ってきたときに掃除する程度でいいので、それほど大変ではありません。

バルミューダのトースターは、独自のスチーム機能と温度制御で、極上の焼き上がりを実現します

外はカリッと中はふわふわもっちり。理想の食感でお召し上がりいただけます。

いつでも特別な美味しさを楽しみたい、パン好きの方にお試しいただきたいトースターです

この記事で紹介した内容が、ご購入を検討されている方の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

楽天ポイント貯めるには楽天カード

 

楽天カードがないと楽天ポイントは思うようにたまらない

実は日本で一番使われているカードになりました。

申し込みはこちら

↓   ↓   ↓   ↓


楽天

 

 

こちらの記事もおすすめ!