せいかつ

アイボンはやめた方がいい?危険な理由の真実と使い方

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

アイボンは目を洗うための洗眼薬で、カップを使用して目をすすぐタイプです。

多くの方が清涼感を求めて愛用していますが、

「アイボンを使うべきかどうか?」

「アイボンにはリスクがあるのか?」

といった疑問を持つ方も少なくありません。

この記事では、アイボンの使用を控えるべきとされる理由や、

その利点と欠点についてユーザーの口コミを交えて解説します。

記事の内容

アイボンの使用を検討する際の利点と欠点
アイボンに関する潜在的リスクについて
アイボンで取り除ける目の汚れとは?

アイボンのリスクについて気になる方は、ぜひこの記事を最後までお読みください。

アイボンはやめた方がいい?

アイボンは、液体を満たしたカップを目に当て、まばたきをすることで目全体を洗浄する製品です

アイボンに関しては様々な意見があります。

例えば、アイボンの安全性について疑問を持つ声や、まつ毛エクステンションをしている方への使用上の注意が挙げられます。

また、目のゴミを効果的に取り除く能力や、使用後の爽快感に対する肯定的な口コミも多くあります。

しかし、ドライアイの方やまつ毛エクステンションをされている方は

使用に際して注意が必要であるとの指摘があり、

誤った使い方をするとリスクが生じる可能性もあるのです。

これらの点について、詳しく説明していきます。

アイボンの悪い口コミとデメリット

アイボンについては、利用者からの否定的な悪い口コミやデメリットと言える評価があります。

  • アイボンは危険?安全性に疑問はあるのか?
  • まつ毛エクステンションをしている際の使用は適切か?
  • 医師がすすめない

という点ですね。

アイボンを使う際には、潜在的なデメリットも理解しておくことが重要です。

アイボンは危険?安全性問題がある?

アイボンを適切に使用しないと、目にトラブルを引き起こす可能性があることが指摘されています。

特に、一方の目で使用した洗眼液をもう一方の目に再利用するのは避けるべきです。

一度使用すると洗眼液には汚れがたまります。

この汚れた洗眼液を再度使用すると、目に不純物が入り込むリスクがあります。

さらに、カップの衛生管理も重要です。

使用後はカップをきちんと洗浄し、しっかり乾燥させることで、衛生的に保つことができます。

小林製薬株式会社の公式ウェブサイトには、アイボンの使用に際して特定の条件を持つ人は、医師や薬剤師、または登録販売者に事前に相談することが推奨されています。

安全に使用するためには、医師のアドバイスを受けることが大切です。

また、ドライアイの人だけでなく、一般的なユーザーもアイボンの使用量に注意が必要です。

アイボン公式サイトによると、1日に3回から6回の使用が目安とされています。

過度な使用は、涙の自然なバランスを崩し、目の乾燥を引き起こす恐れがあるため、

洗浄の回数には注意しましょう。

まつ毛エクステはNGなの?

まつ毛エクステンションに関しては、アイボンの公式サイトでは特に触れられていません。

しかし、口コミによると、マツエクに使用される接着剤は水分や油分に敏感なため、アイボンの使用に対して不安を感じる方もいます。

それにもかかわらず、公式ガイドラインには明確な言及がないため、マツエクをされている方は特に注意が必要です。

マツエクをしていると、「アイボン」を使用した後にエクステンションが大量に取れてしまう経験をした方がいるようです。

アイボンとマツエクの接着剤の相性が良くないことが、この現象の原因の一つかもしれません。

これは、アイボンを使った際にエクステンションが取れやすくなると感じるユーザーにとって重要な情報です。

マツエクが簡単に取れてしまうのは惜しいですね。

マツエクを長持ちさせたい場合は、アイボンの使用を控えることをお勧めします。

医師がすすめない

正確性はわかりませんが、アイボン使用後に目の問題が解決しなかったとき眼科医に相談すると「使用を控えるべき」との助言があったがいるようです。

アイボンを頻繁に利用している場合、目の腫れや痛み、乾燥などの問題が発生することがあります。

眼科医の中には、アイボンが目に必要な成分まで洗い流してしまい、衛生的に良くないと指摘する方もいるようです。

これらのコメントにより、不安を感じる患者も多く、その結果、アイボンの使用を中止する方も少なくないと思われます。

眼科医の観点からは、市販の製品よりも目の状態に合った専門的な治療や製品の使用が推奨される傾向にあります。

目に異常を感じた場合は、市販の製品に頼るのではなく、適切な医療機関での受診をお勧めします。

このような対応により、目の健康を適切に保つことができるでしょう。

アイボンの良い口コミとメリットは?

アイボンは、目の汚れを効果的に取り除くことで知られています。

目に見える汚れが取れることで、目の清潔さを保つことができ、

さらに使用感も人気の理由の一つです。

  • 目の汚れやゴミを取り除く効果
  • 使用後の清涼感とすっきりした感覚

アイボンの涙に近い浸透圧は、目に優しく、シミにくいという利点があります。

清涼感のある製品を選べば、よりすっきりとした使用感を楽しめるでしょう。

また、実際に目に見える汚れが取れることで、「こんなに綺麗になった!」という実感を得ることができます。

アイボンが危険と言われる理由は?

あいぼんが危険といわれる理由は、アイボンについての誤解がいくつかあります。

  • 使用方法を間違えると危険
  • 防腐剤が使われているから危険

これは、主に不適切な使用方法や誤った情報に基づくものです。

アイボンは目に直接使用する製品であるため、適切な使用法の遵守が不可欠です。

カップを共用したり、清潔に保たなかったり、推奨される使用頻度を超えると、

目のトラブルが発生するリスクがあります。

また、アイボンに防腐剤が含まれているとの誤解がありますが、

実際には「防腐剤フリー」とされています。

これは使用者にとって安心できる点です。

youTubeでは、アイボンのリスクに関する詳細な説明動画も見られますので、興味がある方は確認してみると良いでしょう。

アイボンで取り除ける汚れ

アイボンを使用すると、洗眼液に浮かぶ様々な汚れに驚くことがあるでしょう。

これにはほこり、花粉、化粧品の残り、皮脂、目やになどが含まれます。

アイボンは目だけでなく、周囲の皮膚にも触れるため、これらの汚れが浮いてくるのです。

顔や目周りに汚れが付着している場合、アイボンを使うと余分な汚れが目に入るリスクがあります。

そのため、アイボン使用前には、メイク落としと洗顔をして目周りを清潔に保つことが推奨されます。

アイボンの正しい使用法

アイボンの適切な使用法には以下のステップが含まれます。

  1. メイクを落とし、洗顔で目周りを清潔にする。
  2. コンタクトレンズを外す。
  3. 液をカップの内側の目盛りまで注ぐ。
  4. 下を向いて、カップを目に押し当てる。
  5. 上を向きながら数回まばたきをし、最大30秒以内に完了する。
  6. 使用済みの液は再利用しない。
  7. カップは洗浄し、乾燥させる。

アイボンを使用してコンタクトレンズを再装着する場合、10~15分の間隔を空けること

まとめ

アイボンに関する誤解とそのリスク、メリット、デメリットを説明しました。

アイボンを安全に使用するためには、正しい手順を守ることが重要です。

また、目の状態によってはアイボンを使用しない方が良い場合もあるため、

使用前には医師の意見を求めることが望ましいです。

楽天ポイント貯めるには楽天カード

 

楽天カードがないと楽天ポイントは思うようにたまらない

実は日本で一番使われているカードになりました。

申し込みはこちら

↓   ↓   ↓   ↓


楽天

 

 

こちらの記事もおすすめ!
error: Content is protected !!