おでかけと行事

【キャンプやめました】やめた理由とキャンプを楽しむコツを紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【キャンプやめました】やめた理由とキャンプを楽しむコツを紹介します!

キャンプやめました、という方が結構な割合でいます。

キャンプは、アウトドアを楽しむのに最適な方法ですが、すべての人に適しているわけではないんですよね。

キャンプをやめたい理由はたくさんありますが、ここでは最も一般的な理由をいくつか紹介します。

キャンプをやめた理由

キャンプは、自然の中でアウトドアを楽しむことができるので大人気!

やっぱり一度はやってみたいレジャーですよね。

しかし、キャンプには大変なことも多く、中にはキャンプをやめてしまう人もいます。

「キャンプやめました」という人の理由は

  1. キャンプをはじめてみたけれど色々あってやめた
  2. キャンプの準備の段階でやめた

と色々あると思います。

ここでは、キャンプをやめた経験のある人がキャンプをやめてしまった理由を紹介します。

準備と片付けが大変

「キャンプやめました」の理由の一つとして、準備と片付けが大変なことがあげられます。

キャンプは、準備と片付けが大変です。

テントや寝袋などの道具を用意し、キャンプ場まで車で移動し、食材や飲み物を調達する必要があります。

また、キャンプが終わったら、道具を片付け、ゴミを持ち帰らなければなりません。

この点を経験してやりたくない、と思う人はいるでしょう。

虫が苦手

次の理由は虫がやっぱり苦手というもの。

キャンプ場には、蚊やブヨ、ハチなどの虫がいます。

自然の中なので虫と遭遇は避けることはできません。

テントにアリが入ってくるし、トイレにもそこそこいます。

虫よけスプレーや虫除けネットを用意しても、虫に刺されることもあります。

天候が不順

次の理由として天候不順があげられます。

キャンプは天候に左右されます。

雨が降ったり、風が吹いたりすると、キャンプが楽しめません。

大雨の時は、かなり大変です。

また、夏は暑くて寝苦しく、冬は寒くて活動しにくくなります。

快適ではなく、自然の天候も楽しめる性格の方が向いてると言えます。

人が多い

人が多いことも理由としてあげられます。

最近はキャンプが人気になっているため、キャンプ場は混雑しています。

混雑したキャンプ場では、ゆっくりと過ごすことができません。

また、音や話し声がうるさくて、眠れないこともあります。

日常の喧騒から離れて自然と楽しむことが醍醐味であるキャンプなのに、人がたくさんいすぎては目的から離れちゃいますね。

体力的にきつい

実はキャンプが「体力的にきつかった」ことが挙げられます。

確かにキャンプは楽ではありませんよね。

体力的にきついかもしれません。

荷物を運んだり、テントを張ったり、料理をしたり、片付けをしたりする必要があります。

また、長時間歩いたり、しゃがんだりすることもあります。

これらの理由から、キャンプをやめてしまう人もいます。

でもキャンプには楽しいこともたくさんあるんです。

自然の中でアウトドアを楽しんだり、家族や友人と過ごしたり、非日常を体験したりすることができます。

キャンプに行くかどうか迷っている人は、メリットとデメリットを比較して、自分に合っているかどうかを判断しましょう!

キャンプに行くべきか迷っている人へのアドバイスをご紹介しますね!

キャンプをやめるメリットとデメリットを比較

ではちょっと、キャンプのメリットとデメリットを比較してみましょう!

キャンプのデメリット

キャンプには、準備と片付けが大変、虫が苦手、天候が不順、人が多い、体力的にきついなどのデメリットがあります。

しかし、自然の中でアウトドアを楽しんだり、家族や友人と過ごしたり、非日常を体験したりなどのメリットもあります。キャンプに行くかどうか迷っている人は、メリットとデメリットを比較して、自分に合っているかどうかを判断しましょう。

キャンプ初心者向けのキャンプ場を選ぶ

キャンプ初心者の場合は、設備が整っていて、混雑していないキャンプ場を選ぶと良いですよ!

また、キャンプ場の場所や周辺環境もチェックして、自分に合っているかどうかを確認しましょう。

必要な道具を揃える

キャンプに行くには、テント、寝袋、寝袋マット、ランタン、調理器具、食器、食材などが必要です。

キャンプ場によっては、レンタルできる道具もあるので、事前に確認しましょう。

天気予報を確認する

キャンプは天候に左右されるので、天気予報を確認して、雨具や防寒具を必ず用意します。

また、夏は暑くなるので、日焼け止めや水筒を用意しましょう。

現地に早めに到着する

キャンプ場は混雑するので、現地に早めに到着して、良い場所を確保しましょう。

また、テントの設営や食事の準備などにも時間がかかるので、余裕を持って行動しましょう。

周りのキャンパーに配慮する

キャンプ場は共有スペースなので、ゴミを放置したり、騒音を出さないようにしましょう。

また、他のキャンパーの迷惑にならないように、テントの場所や焚き火の場所にも注意しましょう。

自然を守る

キャンプは自然の中で行うアクティビティなので、自然を汚したり、傷つけたりしないようにしましょう。

また、植物や動物に触れないように注意しましょう。

これらのことを守れば、キャンプは楽しい思い出になるはずです。

キャンプの最新ニュースとトレンド! 2023年のキャンプシーンをチェック!

キャンプは、自然の中でアウトドアを楽しむことができる人気レジャー。

近年は、キャンプ場の予約が取りづらくなっているなど、キャン人気が高まっています。

2023年のキャンプシーンでは、どのようなトレンドが注目されているのでしょうか。

グランピングの人気

グランピングとは、グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を組み合わせた造語で、手軽にアウトドア気分を味わえるキャンプスタイルです。テントや食器、調理器具などの設備が整ったキャンプ場が登場し、女性やファミリー層を中心に人気を集めています。

ソロキャンプ

ソロキャンプとは、一人でキャンプをするスタイルです。最近では、仕事やプライベートのストレスから解放されて、自分と向き合う時間や自然の中でリラックスできる時間を求めて、ソロキャンプをする人が増えています。

キャンプ女子

キャンプ女子とは、女性のキャンプ愛好家です。最近では、女性向けのキャンプ用品やキャンプ情報サイトも増えており、キャンプ女子がますます増えていくと考えられています。

キャンプYouTuber

キャンプYouTuberとは、キャンプの様子をYouTubeに投稿しているYouTuberです。キャンプの魅力やコツをわかりやすく伝えているキャンプYouTuberが多く、キャンプ初心者の間で人気を集めています。

これらのトレンドは、今後もキャンプシーンを盛り上げていくと考えられます。2023年は、キャンプデビューを検討してみてはいかがでしょうか。

キャンプ初心者向けガイド

キャンプ初心者のために、キャンプの始め方、必要な道具、持ち物リストなど、キャンプ初心者に役立つ情報をまとめました。

キャンプの始め方

  1. キャンプ場を探す

キャンプ場には、設備が整ったオートキャンプ場から、自然に近いキャンプ場まで、さまざまな種類があります。自分のキャンプスタイルに合ったキャンプ場を選びましょう。

  1. 必要な道具を揃える

キャンプに行くには、テント、寝袋、寝袋マット、ランタン、調理器具、食器、食材などが必要です。キャンプ場によっては、レンタルできる道具もあるので、事前に確認しましょう。

  1. 天気予報を確認する

キャンプは天候に左右されるので、天気予報を確認して、雨具や防寒具を用意しましょう。また、夏は暑くなるので、日焼け止めや水筒を用意しましょう。

  1. キャンプ場のルールを確認する

キャンプ場には、火器の使用禁止やゴミの持ち帰りなどのルールがあります。キャンプに行く前に、キャンプ場のルールを確認しましょう。

キャンプ初心者の持ち物リスト

  • テント
  • 寝袋
  • 寝袋マット
  • ランタン
  • 調理器具
  • 食器
  • 食材
  • 水筒
  • 食料用ラップ
  • アルミホイル
  • 調味料
  • ゴミ袋
  • トイレットペーパー
  • 着替え
  • タオル
  • 虫よけスプレー
  • 日焼け止め
  • 帽子
  • サングラス
  • 救急箱
  • モバイルバッテリー
  • 地図とコンパス
  • 懐中電灯
  • ノートやペン

キャンプのコツ

キャンプをやるにあたってのコツは以下の通りです!ぜひ、参考にしてください!

  • 天気予報を確認して、雨具や防寒具を用意する。
  • キャンプ場のルールを確認する。
  • 早めに現地に到着して、良い場所を確保する。
  • テントの設営や食事の準備などにも時間がかかるので、余裕を持って行動する。
  • 周りのキャンパーに配慮する。
  • 自然を守る。
  • ゴミは必ず持ち帰る。
  • 楽しい時間を過ごす。

まとめ キャンプやめました!キャンプをやめた理由と楽しむコツ

いかがでしたか?

キャンプをやめてしまったあなたは、準備不足だっただけかもしれません。

備えあれば、ではないですが準備万端,手順を理解しておけば楽しいキャンプ体験となるはずです。

キャンプも慣れです。やめてしまうのはいつでもできるので、キャンプをもう一度楽しんでみてはいかがでしょうか!

楽天ポイント貯めるには楽天カード

 

楽天カードがないと楽天ポイントは思うようにたまらない

実は日本で一番使われているカードになりました。

申し込みはこちら

↓   ↓   ↓   ↓


楽天

 

 

こちらの記事もおすすめ!
error: Content is protected !!