50代

自治会がなくなるとどうなる?デメリットはこれ!廃止・解散より縮小が良い理由とは!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

地域の自治会のリーダーをやりたいという人は少ないのですよね。

必然とリーダー交代が難しいという問題がおきます。

特に若い世代が自治会活動に参加することは少ないです。

それにより、自治会に参加する人が減り、ゴミ当番などの責任も果たされなくなることがあります。

ちなみの私のいる町会は町会に入っていないと、ゴミ集積場所に出すことができません。

このような状況で、他の地域はどのように対処しているのかと疑問に思う方も多いでしょう。

自治会を続けるか、あるいは解散すべきかという問題も起こり得ます。

自治会がなくなると、どのような影響があるのでしょうか。

実際に自治会を解散した地域も存在します。

この記事では、自治会がなくなることによる5つのデメリットをご紹介しまね!

また、自治会を完全に廃止するのではなく、規模を縮小して維持する方法についてもお話しします。

自治会や町内会をなくすとどうなる?5つのデメリットあり!

日本の全体で自治会や町内会が廃止されるケースが増えています。

その主な理由としては、

  • 会長を務める人がいない
  • イベントへの参加者が減少
  • 会員数の激減

などがあります。

これらの問題が自治会や町内会の運営を困難にしています。

人数が減れば一部の人に負担行くし、行き届かないイベントに参加する人もいません。

自治会や町内会がなくなるとどのようなデメリットが生じるのでしょうか?

ここでは、自治会・町内会を解散する際の5つの主なデメリットを探ります。

イベントがなくなる

まず第一に、地域で開催されるイベントがなくなることです。

例えば、夏の盆踊りや冬のどんと焼きのようなイベントは、地域の人々をつなぐ大切な機会ですが、これらがなくなってしまいます。

一部の人にとっては会合や準備作業がなくなることが利点かもしれません。

しかし、地域住民と顔を合わせ、交流する機会が失われることで、近所の人々を知ることが難しくなります。

これにより、地域の絆が弱まり、防犯上の問題も生じる可能性があります。

地域の安全性がなくなる

自治会がなくなるということは、地域の安全性があやうくなるという心配があります。

まず、自治会や町内会がなくなると、防犯や防災における地域協力が大きく減少します。

これまで町内会が主導していた警察や消防との連携による防犯活動や防災訓練などがあると思いますが、そのような活動が行われなくなります。

災害時には、近隣住民同士の協力(共助)が重要ですが、自治会の解散により、このような助け合いが期待できなくなることが心配されます。

また、地域に設置されている防犯灯の管理や費用負担にも影響があります。

これまでは自治会や町内会が電気代を一括で支払い、電球の交換も管理していました。

けれど自治会がなくなると、これらの負担が個々の住民に移ることになるんです。

多くの人が自治会が地域の防犯灯を管理していたことに気付いていないかもしれません!

でもその重要な役割が失われることにより、新たな負担が発生する可能性があります。

回覧板や掲示板の問題

自治会や町内会が解散すると、いくつかの重要な機能が失われることがわかってきたと思いますが、さらに言うと回覧板や地域の掲示板の喪失があげられます。

インターネットの普及により、多くの人にとってはこれらの情報源の不足はそれほど問題にならないかもしれませんが、インターネットを利用しない高齢者などにとっては、大きな不便となる可能性があります。

これは今はミドル世代の年齢であってと、高齢者となったらインターネットで検索をしたり情報を得たりは難しくなってくるので、関係ない問題ではありませんよね。

ゴミの管理

さらに、ゴミの出し方に関するマナーの低下も懸念されます。

これまでは、自治会や町内会がゴミ出しのルールを管理し、清潔な環境を保っていました。

しかし、これらの組織がなくなると、ゴミ集積所の管理やマナーの維持が個々の住民の責任となります。

以前は自治会や町内会に相談して解決できた問題が、今後は住民同士で解決しなければならなくなります。

独身や共働き世帯にとっては、自治会の役員や当番の仕事がなくなることが一見すると利点に思えるかもしれませんが、自分自身が問題を抱えた際に支援を受けられないデメリットもあります。

各地域によって、自治会や町内会が解散した際に直面する問題は異なりますが、全体を見ると、これらの組織の存在がもたらす利点は多いと言えるでしょう。

自治会を縮小して負担を軽減

自治会や町内会の運営に疲れを感じたら、解散ではなく規模の縮小を考えてみるのが良いかもしれません。

自治会や町内会の活動を見直し、必要最低限のものに限定することが、継続的な運営の鍵となります。

多くの人が自治会や町内会の負担として感じるのは、役員の仕事のローテーションです。

会議への出席、集金、ゴミ当番、お祭りの準備など、これらの活動を徐々に縮小することは可能です。役員の役割を効率化し、負担を減らすことを目指しましょう。

また、回覧板も、特に共働きの家庭やよく留守にする家庭にとっては負担になりがちです。

現代では多くの高齢者もスマートフォンを使用しています。

LINEやメールアドレスを共有し、回覧板の内容をデジタル化することも1つの解決策かもしれません。

ゴミ当番についても、その役割を最小限に抑えるためのルールを設定することが有効です。そしてそのルールをみんなで守る必要があります。

これらの変更により、「これなら私にもできる」と自発的に参加する人が増えるかもしれません。

自治会や町内会の活動を合理化し、より多くの人が参加しやすい環境を目指したいですね!

自治会は必要?

長年にわたり自治会や町内会に携わってきた方々にとって、組織の解散や縮小は寂しいかもしれません。

時代とともに変わる価値観に合わせて、自治会も変化を受け入れる必要はやはりあると思うのです。

役員の仕事を軽減し、自治会を存続させることが大切です。

まとめ

自治会や町内会は、一見すると煩わしいと感じることもあるかもしれません。

実際、自治会の廃止を検討している地域も存在しますよね。

しかし、自治会や町内会がないと不便な面やデメリットがあることをこの記事はまとめました。

自治会であることで、規律や衛生面や生活が整えられていることは確かにあるのです。

これらの組織を続けるためには、活動を最低限に抑え、できるだけ負担を減らすことが現代に適した対応策といえます。

自治会や町会についてなくしたい,でもなくなったらどうなるのか?と悩んだ方の参考になればうれしいです。

 

楽天ポイント貯めるには楽天カード

 

楽天カードがないと楽天ポイントは思うようにたまらない

実は日本で一番使われているカードになりました。

申し込みはこちら

↓   ↓   ↓   ↓


楽天

 

 

こちらの記事もおすすめ!
error: Content is protected !!