50代

50代でピアスを開けるはOK?安全にもっと自分を楽しむが正解!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

10代でピアスを片耳だけ開け、そのまま50代になってしまい、最近しっかり両耳ピアスを開けようか悩んでいます。

50歳代になっても、ピアスを試したいという気持ちは変わらず、ついにピアスを開けることに決めた方々がわりと多いです。

かくいう私もその一人です。

「50歳代でピアスをしても大丈夫かな?」と不安に思う方もいるでしょう。

年を重ねると、ファッションやアクセサリーに対する抵抗感や他人の目を気にすることが増えがちです。

しかし、50歳代でピアスを開けることは全く問題ありません。

大人の女性がおしゃれを楽しむことは素敵なことです。

この記事では、50代でピアスを開ける際のメリットやデメリット、さらに注意すべきポイントについてご紹介します。

50代でのファーストピアスについて

50歳代でピアスを開けることは、何も変わったことではありません。

おしゃれを続ける心は、いつまでも輝いている証拠です。

ピアスは顔に近いアクセサリーで、顔の印象を明るく変える効果があります。

年齢とともに肌のくすみや色味が変わるのは自然なこと。

そんな時、ピアスは顔周りを明るくし、気分を上げるアイテムになります。

50代ピアスのメリット

ピアスにはいくつかのメリットがあります。

メリット1:紛失のリスクが低い

ピアスはキャッチで固定するため、紛失するリスクが低くなります。

一方、イヤリングは耳に挟むだけなので、ゆるんで落ちることがあります。

特に重いイヤリングは落ちやすいです。

メリット2:イヤリングよりも痛みが少ない

ピアスはイヤリングに比べて長時間着けていても痛みが少ないことが大きなメリットです。

イヤリングは耳を挟むタイプが多く、長時間使用すると痛みを感じることがあります。

しかし、ピアスは耳に穴を開け、そこを通す形式なので、痛みを感じにくいです。

メリット3:高級ジュエリーを楽しめる

ピアスを使うと、高級なジュエリーを楽しむことができます。

イヤリングも美しいジュエリーはありますが、紛失しやすいため、気軽にはつけられません。

ピアスなら安心して、本格的なジュエリーを楽しめます。

50代におけるピアスのデメリットと注意点

50代でピアスを開ける際には、いくつかのデメリットと注意点があります。

以下では、ピアスを開ける前に知っておくべき情報を詳しく解説します。

デメリット1:ピアスホールが安定するまでに時間がかかる

耳たぶにピアスを開けた場合、ホールが安定するまでには約3~6ヶ月かかることがあります。

この期間中は定期的な消毒が必要で、これが面倒に感じることもあります。

デメリット2:痛みを伴うことがある

ピアスを開けるときは、耳に穴を開けることになるため、一時的な痛みを伴います。

ピアスホールが形成されるまで、引っかかったりすると痛みを感じることもあります。

痛みの感じ方は個人差があるため、事前に心構えが必要です。

デメリット3:金属アレルギーのリスク

ピアスを開けた後、金属アレルギーの症状が出ることがあります。

穴が完全に形成されるまでは金属が体液に触れ続けるため、アレルギー反応が出やすくなります。

金属アレルギーに配慮したファーストピアスの使用が推奨されます。

次に代でピアスを開ける注意点を確認しましょう!

注意点1:医療機関で開けることを検討

ピアスを開ける際は、自宅や友人に依頼するよりも、医療機関で行うことをおすすめします。

年齢とともに傷が治りにくくなることもあり、もしトラブルが起きた場合には迅速な対応が可能です。

医療機関でのピアス開けは、費用は高くなりますが、消毒費用も含まれています。

注意点2:白髪染めは事前に済ませる

定期的にヘアカラーや白髪染めを行う方は、ピアスを開ける前にこれらの処理を済ませておくと良いでしょう。

ピアスホールが傷として存在するため、カラー剤やパーマ剤が入るリスクを避けるためです。

注意点3:体質や服用している薬に注意

自身の体質や現在服用中の薬によっては、ピアスを開けることが推奨されない場合もあります。

信頼できるクリニックを選ぶことが重要です。

50代向け初めてのピアス選びとおすすめ商品

年齢を重ねても、ピアスを楽しむ方は多くいます。

50代でピアスを始める際は、シンプルなデザインのファーストピアスが最適です。

初めてのピアスは、ピアスホールが完全に形成されるまでの数ヶ月間はそのまま付けておくことが一般的です。

複雑なデザインのものは、メンテナンスが困難になったり、着脱時に痛みを伴うことがあります。

シンプルなデザインなら、お手入れが簡単で、どんな服装にも合わせやすいでしょう。

おすすめのファーストピアス商品

以下では、初めてのピアスにおすすめの商品を紹介します。

ピアッサー ピナック2

この耳たぶ用イヤーピアッサーは、ナック社が開発した独自のバネ発射機構を持つワンタッチ式ピアッサーです。

滅菌処理された使い捨てタイプで、痛みも少なく、衛生的です。

 ステンシーナナの金属アレルギー対応ピアス

金属アレルギーを考慮した、キュービックジルコニアや丸玉ボールピアスがおすすめです。耳に優しいサージカルステンレス製で、長時間つけても安心です。

 カチッとパールピアス

日常使いから特別な日まで幅広いシーンで活躍するサージカルステンレス製のパールピアスです。

着け心地が良く、落ちにくい設計で、さまざまな大きさとカラーが用意されています。

サージカルステンレス製ピアス

サージカルステンレス製のピアスは金属アレルギーの方にも適しており、24時間つけっぱなしでも問題ありません。

劣化しにくく、変色せず、汗や水に強いため、様々なシーンで使用できます。

ピアス穴専用消毒液

50代の方の若い頃は常にピアス穴の消毒を勧められてきましたが、今は必要な回数だけが推奨されています。

できれば、マキロンではなく専用消毒ジェルが安心です。

まとめ:50代でピアスを開けてもOK!

50代でもピアスを新しく始めることに何の問題もありません。

注意点を守りつつ、ピアスの世界に挑戦してみてください。

ピアスホールができれば、多種多様なピアスを楽しむことができ、ファッションの幅も広がります。

ピアスはイヤリングと比べてデザインが豊富で、おしゃれをより楽しむことができます。

 

楽天ポイント貯めるには楽天カード

 

楽天カードがないと楽天ポイントは思うようにたまらない

実は日本で一番使われているカードになりました。

申し込みはこちら

↓   ↓   ↓   ↓


楽天

 

 

こちらの記事もおすすめ!
error: Content is protected !!