せいかつ

始めると初めるの違いを教えて!使い方を例文つきで解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「始める」と「初める」は漢字が違いますが、使い方で悩むときありますよね?

「始める」と「初める」の違いと使い方を確認していきましょう!

「始める」と「初める」

「始める」と「初める」って漢字の表記が異なりますね。

でも同じ読み方でどちらを使うのか迷うことあります。

「始める」とは?

「始める」は

①物事を行っていない状態から行う状態する。行いだす。

②新しく起こす。新たに作る。

③いつもの癖を出す。

④(動詞の連用形などに付いて)その動作が行われだすことを表す

となります。

「始める(はじめる)」の例文

①物事を行っていない止めている状態から行う状態する。行いだす

•工場では朝7時から作業が始まり、夕方5時にだいたい終わる。

•休みの日は朝早くから釣りを始めているが、お目当の魚は全く釣れない。

 

②新しく起こす。新たに作る。新しく進める。

•人気がある携帯ゲームをやり始めたものの、なかなかクリアできない。

•会社をやめて、新しい仕事を始めてみたものの全く慣れない。

 

③いつもの癖や習慣が出てしまう。

•普段は標準語で喋っているが、油断すると関西弁で話し始めてしまう。

•彼女イライラしていると人の悪口や噂を話し始めてくる。

 

④(動詞の連用形などに付いて)動作が行われだすこと

•部屋の断捨離でいらなくなった資料や洋服を捨て始める。

•季節が暖かくなるにつれて、桜の花が咲き始めてくる。

 

初めるとは?

初めるとは

今までに経験していないことが起こるさま。

「最初」「初めて」として使う場合が多い。

「初める(そめる)」の例文

「初める(そめる)」

・涼しくなるにつれてコスモスの花が咲き初めてきた。

・夜中から勉強をしていたら、いつの間にか夜が明け初めていた。

・お見合いパーティーで見初めた女性に、連絡先を聞けば良かったと後悔している。

・すでに桜が散り初めていて悲しい気分になる。

 

という感じで始め初めの違いを区別することができます。

「始め」と「初め」の違いは?

もっとわかりやすく説明すると

「始め」は開始すること

また

「初め」は最初を表す

 

例えば、仕事を開始するという意味であれば「仕事始め」

新年になって最初の仕事という意味であれば「仕事初め」となります。

「初める」は、新しいことを始めるときや、何かを初めて行う時に使われます。

一方、「始める」は、時間の始まりを表すことが多く、

また、ある行為を始めることを表すことが一般的です。

つまり、「初める」はあることを始めた最初の行動を表し、

「始める」は何かを始めること自体を表します。

まとめ

「初める」と「始める」は、漢字の表記が異なりますが、

基本的には同じ意味を持つ動詞です。

同じ読み方ですが、使う用途が違うので

文章にするときに気をつけたいですね。

 

 

楽天ポイント貯めるには楽天カード

 

楽天カードがないと楽天ポイントは思うようにたまらない

実は日本で一番使われているカードになりました。

申し込みはこちら

↓   ↓   ↓   ↓


楽天

 

 

こちらの記事もおすすめ!
error: Content is protected !!